【20代/男性】和解金130万円強を獲得した事例

事案の概要

相談者:20代男性 / 自営業

(通院期間)
 半年弱
(後遺障害内容)
 後遺症なし

ご依頼の経緯

依頼者の方は、追突による交通事故で怪我を負い、半年程度の通院で完治しました。

その後、保険会社から示談金の提示がありましたが、内容は治療費の一部と休業損害の一部を支払うのみというものでした。
そのため、治療費の部分が持ち出しになってしまい、困って当事務所にご相談に来られました。

受任後の活動

相手方保険会社の提示は、被害の補償としてはあまりにも低いものでした。
他方で、相手方保険会社が拒否している一部の治療費は整骨院の費用であり、裁判上で認められるか微妙な費用となっていました。

そこで当事務所は裁判基準に準じた損害金計算を行い、相手方保険会社に対して、裁判基準ベースでの示談提案を行いました。
数回の交渉を経て、通院慰謝料などの補償を相手方保険会社に認めさせることができました。

結果

当事務所が関与した結果、和解金として130万円強を獲得することができました。
依頼者の方は弁護士特約に入っていたため、弁護士費用の負担なく手続きを完了できました。

その結果、依頼者の方が持ち出しをすることはなく、受け取った和解金で治療費を全額まかなうことができました。

 

解決事例の最新記事
  • 初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください

  • 当事務所の最新トピック・解決事例は、下記をご覧ください

  • 相談料・着手金0円 無料交通事故のご相談 0120-480-470 受付:平日10:00-18:30 (夜間相談も対応可) メール相談はこちら

    弁護士費用特約の活用方法

    相談票ダウンロード

    CONTENT MENU