【20代/男性】弁護士介入の結果、和解金額が30万円から160万円に増額した事例

事案の概要

相談者:20代男性 / 会社員

(通院期間)
 1か月強
(後遺障害内容)
 後遺症なし

ご依頼の経緯

依頼者の方は、車体の接触による交通事故で怪我を負い、1月程度の通院で完治しました。
過失割合は依頼者:相手方が0:100でした。

また、車体の接触により自家用車に傷がつき、修理が必要となりました。

ところが、相手方保険会社は治療費のほとんどを支払わず、修理費用についても出し渋り、トラブルになってしまいました。

依頼者は困ってしまい、当事務所にご相談いただきました。

受任後の活動

相手方保険会社の対応は、被害の補償としては不十分といえました。
この案件では、治療費の支払い・通院慰謝料の他、修理費用・代車費用など多くの項目が争点となっていました。

当事務所は、裁判基準をベースとしながらも、この案件の独自性などを強調し、裁判基準を超える金額の獲得を目指して、相手方と交渉しました。

数回の交渉の結果、依頼者の希望に沿う和解内容に到達することができました。

結果

当事務所が関与した結果、当初は30万円前後であった提示額が、160万円強の金額となり約130万円の増額となりました。

依頼者の方は弁護士特約にあったため、弁護士費用の負担はありませんでした。

その結果、依頼者の方は修理費用や代車費用について、特に持ち出しをすることなく、事件を終了することができました。

 

解決事例の最新記事
  • 初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください

  • 当事務所の最新トピック・解決事例は、下記をご覧ください

  • 相談料・着手金0円 無料交通事故のご相談 0120-480-470 受付:平日10:00-18:30 (夜間相談も対応可) メール相談はこちら

    弁護士費用特約の活用方法

    相談票ダウンロード

    CONTENT MENU