【40代/男性】むち打ちの後遺症14級9号が認められ、賠償額が大幅に増額した事例

事案の概要

相談者:40代男性 / 自営業

(通院期間)
 1年半
(後遺障害内容)
 頸椎捻挫

ご依頼の経緯

依頼者の方は、交通事故により頸椎に衝撃を受け、1年半あまり通院し
ていましたが、症状固定となりました。

医者からは後遺障害診断書を書くと言われましたが、相手方保険会社か
らは後遺障害が残るような事案ではないと言われていました。

そのため、悩んだ末に当事務所の弁護士にご相談いただきました。

受任後の活動

当事務所は、医師からの後遺障害診断書を取り寄せ、これまでの治療経
過や自覚症状を確認しました。
後遺障害認定の可能性があったため、認定機関に被害者請求を行いまし
た。

その結果、14級9号が認定されたため、認定結果をもとに相手方保険会
社に対して、裁判基準での慰謝料請求を行いました。

結果

最終的に示談がまとまり、依頼者の方は300万円近くの賠償金を得るこ
とができました。
当事務所が介入する前の提示額と比べると、250万円近くの増額になり
ました。

依頼者の方にもとても満足いただけた結果となりました。

 

解決事例の最新記事
  • 初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください

  • 当事務所の最新トピック・解決事例は、下記をご覧ください

  • 相談料・着手金0円 無料交通事故のご相談 0120-480-470 受付:平日10:00-18:30 (夜間相談も対応可) メール相談はこちら

    弁護士費用特約の活用方法

    相談票ダウンロード

    CONTENT MENU