【30代/女性】交通事故の賠償金として当初提示額の倍額を獲得した事例

事案の概要

相談者:30代女性 / 会社員

川口市在住の30代女性の方からの交通事故被害のご相談。

お客様が自転車で歩道を走行中、歩道を横切って駐車場内に侵入しようとした加害者側の自動車と接触した事例です。

お客様はこの交通事故でお怪我をし、半年程度の通院となりました。
幸運にも後遺障害は残りませんでした。

その後、保険会社から示談金の提示がありましたが、内容はお客様にとって到底納得のいかないものでした。

ご自身の保険に弁護士特約が付いていたこともあり、当事務所にご相談いただきました。

受任後の活動

相手方保険会社の提示は、自賠責基準とほぼ同レベルで、裁判基準に比べると明らかに安い金額でした。

また、事故態様からすると相手方からの過失割合の主張についても検討が必要でした。

そこで、弁護士が実際に交通事故の現場に赴いて現場検証を行い、本件で認められるべき損害賠償の金額を算定して、具体的に相手方保険会社に請求・主張していきました。

結果

当事務所が関与した結果、裁判基準に非常に近い金額で和解が成立しました。

当初の相手方保険会社の提示金額に比べると、ほぼ倍額という内容でした。
また、お客様の過失についても無し(過失割合0:100)という内容で、お客様も非常に満足されていました。

また、お客様は弁護士特約に入っていたため弁護士費用の負担がなしに、本事案を解決することができました

 

解決事例の最新記事
  • 初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください

  • 当事務所の最新トピック・解決事例は、下記をご覧ください

  • 相談料・着手金0円 無料交通事故のご相談 0120-480-470 受付:平日10:00-18:30 (夜間相談も対応可) メール相談はこちら

    弁護士費用特約の活用方法

    相談票ダウンロード

    CONTENT MENU