【40代/男性】むち打ちで後遺障害14級が認定された事例

事案の概要

相談者:40代男性 / 会社員

川口市在住の40代男性の方からの交通事故被害のご相談。

交差点で信号待ちをしていたところ、後方からの玉突き事故で追突された事例です。

お客様はこの交通事故でお怪我をし、半年程度通院しました。

半年後、保険会社より「もう治療費は払えません」と言われ、治療費を打ち切られてしまったため、困って当事務所に相談に来られました。

受任後の活動

お客様は、頸椎捻挫、腰椎捻挫(いわゆるむち打ち)で約半年程度整形外科に通っていました。

当事務所はお客様と話し合い、治療の終了について医師の判断を確認し、また必要な検査が行われているかを検討しました。

医師は症状固定(これ以上治療を続けても良くならない)の判断でしたが、今後の後遺症の判断のために神経学的な検査を追加で行い、神経学的所見を踏まえて後遺障害診断書を書いてくれました。

当事務所は医師に書いてもらった後遺障害診断書を踏まえて、MRI画像における所見と自覚症状の繋がりを説明し、さらに、神経学的検査の所見、日常生活状況の報告、症状の一貫性や治療の連続性、事故の衝撃の度合いなどを主張しました。

その結果、後遺障害等級の14級が認められました。
そこで、当事務所は14級の認定結果をもとに相手方保険会社と交渉を行いました。

結果

当事務所が相手方保険会社と交渉を重ねた結果、最終的に、治療費とは別に、320万円の賠償金の支払いを受けることができました。

また、お客様は弁護士特約に入っていたため、弁護士費用の負担なく、320万円全額を受け取ることができました。このように被害者ご自身が弁護士特約の付いた保険に入っている場合には、弁護士費用を気にせずに後遺障害の申請や相手方保険会社との交渉をまるごと弁護士に任せることができるので、非常に有効です。

本件ではお客様からも「結果も満足だし、それ以上に自分で交渉などをするストレスから解放され、全てお任せできたのが良かった。」とのお声をいただきました。

 

解決事例の最新記事
  • 初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください

  • 当事務所の最新トピック・解決事例は、下記をご覧ください

  • 相談料・着手金0円 無料交通事故のご相談 0120-480-470 受付:平日10:00-18:30 (夜間相談も対応可) メール相談はこちら

    弁護士費用特約の活用方法

    相談票ダウンロード

    CONTENT MENU