交通事故の治療関係費以外の積極損害

交通事故における治療関係以外の積極損害として、学習費や眼鏡・義歯・車椅子・介護支援ベッドなどの装置・器具、弁護士費用などが考えられます。

これらについては「必要かつ相当な範囲内」であれば認められるのが、裁判所の判断です。
非常に幅のある基準ですので、保険会社との交渉においては、高額なものについてはなかなか認めてもらうのは難しいのが実情です。

裁判例を提示したり、必要性を具体的に示すなどして、粘り強く交渉する必要があります。
裁判において認められた例としては、以下のようなものがあります。

 

学習費など

○高校生について、入通院のために休学した場合の退院後1年前後の補習費(横浜地判昭57.1.28)

○大学生について、1年間休学した場合の授業料(名古屋地判平3.8.30)

○高校生について、事故により留年した場合の授業料(東京地判平10.1.30)

○交通事故による怪我により無駄になった支払い済の授業料・通学定期代(東京地判平6.9.29)

 

装具・器具等購入費

○義足の購入費用(東京地判平8.3.27など)

○義歯の製作費用について、平均余命まで10年ごとに自由診療製作費の80%(東京地判平14.1.15)

○交通事故による歯牙欠損などの受傷について、インプラント費用(大阪地判平19.12.10)

※義歯・義眼・義足などについては、交換費用も認められた裁判例があります。

家屋改造費

2級以上の重篤な後遺障害事例で、浴室・便所・玄関・自動車などの改造費などが認められています。

○頸髄損傷による四肢完全麻痺などの障害(1級3号)の事例で、車椅子用の階段昇降機などの家屋改造費1778万円(東京地判平11.7.29)

○頸髄損傷(1級3号)の事例について、エレベーター・バリアフリーの浴室などの費用総額1206万円(東京地八王子支判平12.11.28)

葬儀関係費

葬儀費用は原則として150万円という基準があります。これを下回る場合には実費相当額です。
香典については損益相殺せず、他方、香典返しは損害としないのが裁判基準です。

○葬儀費用100万円の他に、墓石代267万円、墓地使用料52万円などを認めた(横浜地判平1.1.30)。

 

帰国費用・海外旅行キャンセル料

○交通事故による受傷程度が近親者の看護を要するものとして、留学中の近親者の帰国旅費を認めた(最判昭49.4.25)

○海外の旅行キャンセル料2名分10万円を認めた事例(東京地判平15.9.2)

 

診断書料・保険金請求手続き費用など

○刑事記録謄写費用として約15万円を認めた(東京地判平22.12.15)

 

弁護士費用など

弁護士費用については、裁判であれば認容額の10%程度が交通事故と因果関係のある損害として認められることがあります。
弁護士特約に入っている場合でも、加害者側の賠償義務が免除されるわけではないとした裁判例(名古屋地判平22.2.19)があります。

TOPページに戻る>>

 

 
  • 初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください

  • 当事務所の最新トピック・解決事例は、下記をご覧ください

    2017.12.30 お知らせ
    2017-2018年 年末年始休業日のご案内
    2017.10.15 解決事例
    【40代/男性】むち打ちで後遺障害14級が認定された事例
    2017.7.25 お知らせ
    2017年夏季休業のお知らせ
    2016.9.11 解決事例
    【30代/女性】交通事故の賠償金として当初提示額の倍額を獲得した事例
    2016.8.20 解決事例
    【30代/男性】交通事故による損害請求について解決した事例
    2016.5.16 解決事例
    【30代/男性】交通事故の和解金65万円弱でスムーズに解決した事例(物損)
    2016.3.20 解決事例
    【30代/男性】12級の後遺障害認定の事例で400万円の事前提示が1100万円まで大幅増額した事例
    2016.1.30 解決事例
    【50代/女性】人損(完治)・物損を合わせて約150万円の損害金を獲得したケース
    2015.12.26 お知らせ
    2015年-2016年 年末年始休業日のご案内
    2015.12.12 解決事例
    【40代/男性】症状固定後2か月のスピード解決で、示談金が約2倍に増額した事例
    2015.11.1 解決事例
    【30代/女性】弁護士の介入により、初回提示より80万円以上増額したケース
    2015.9.21 解決事例
    【40代/男性】むち打ちの後遺症14級9号が認められ、賠償額が大幅に増額した事例
    2015.8.1 お知らせ
    2015年夏季営業のお知らせ。
    2015.7.20 解決事例
    【20代/男性】弁護士介入の結果、和解金額が30万円から160万円に増額した事例
    2015.6.14 解決事例
    【20代/男性】和解金130万円強を獲得した事例
  • 相談料・着手金0円 無料交通事故のご相談 0120-480-470 受付:平日10:00-18:30 (夜間相談も対応可) メール相談はこちら

    夜間相談

    日曜相談

    弁護士費用特約の活用方法

    相談票ダウンロード

    CONTENT MENU

    川口総合法律事務所 OFFICIAL SITE

    川口総合法律事務所 債務整理専門サイト

    川口総合法律事務所 相続サイト