賠償金(損害額)の算定について(1)

賠償金(損害額)の算定について

 交通事故において、賠償金の対象となる損害にはどのうようなものがありますか

A 交通事故(人身事故)において、賠償金の対象となる損害には次のようなものがあります。 
  (なお、物損事故の場合の損害項目については 
>こちら
  
  <傷害事故の場合>
  ①治療(関係)費
    ②雑費(入院雑費や将来の雑費)
  ③付添看護費
  ④通院交通費・宿泊費等
  ⑤休業損害
  ⑥後遺症に基づく逸失利益
  ⑦入通院慰謝料
  ⑧後遺症慰謝料
  ⑨医師等への謝礼
  ⑩学生・生徒・幼児等の学習費、保育費、通学付添費等
  ⑪装具・器具等購入費

  <死亡事故の場合(死亡までの間に入院した場合)>
  ①治療(関係)費
    ②入院雑費
  ③付添看護費
  ④休業損害
  ⑤逸失利益
  ⑥慰謝料
  ⑦葬儀費用
  ⑧帰国費用

  ※以上のほか、裁判をした場合には、弁護士費用も一定程度の範囲(だいたい裁判所で認め
   られた賠償額の1割程度)で認められています。
    また、裁判の途中で話し合い(和解)で終了した場合、明確には弁護士費用を加算して
   ませんが、別途調整金という名目で加算されることが多いようです。

 
  • 初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください

  • 当事務所の最新トピック・解決事例は、下記をご覧ください

    2018.6.11 解決事例
    【30代/女性】兼業主婦としての休業損害を大幅に増額できた事例
    2017.12.30 お知らせ
    2017-2018年 年末年始休業日のご案内
    2017.10.15 解決事例
    【40代/男性】むち打ちで後遺障害14級が認定された事例
    2017.7.25 お知らせ
    2017年夏季休業のお知らせ
    2016.9.11 解決事例
    【30代/女性】交通事故の賠償金として当初提示額の倍額を獲得した事例
    2016.8.20 解決事例
    【30代/男性】交通事故による損害請求について解決した事例
    2016.5.16 解決事例
    【30代/男性】交通事故の和解金65万円弱でスムーズに解決した事例(物損)
    2016.3.20 解決事例
    【30代/男性】12級の後遺障害認定の事例で400万円の事前提示が1100万円まで大幅増額した事例
    2016.1.30 解決事例
    【50代/女性】人損(完治)・物損を合わせて約150万円の損害金を獲得したケース
    2015.12.26 お知らせ
    2015年-2016年 年末年始休業日のご案内
    2015.12.12 解決事例
    【40代/男性】症状固定後2か月のスピード解決で、示談金が約2倍に増額した事例
    2015.11.1 解決事例
    【30代/女性】弁護士の介入により、初回提示より80万円以上増額したケース
    2015.9.21 解決事例
    【40代/男性】むち打ちの後遺症14級9号が認められ、賠償額が大幅に増額した事例
    2015.8.1 お知らせ
    2015年夏季営業のお知らせ。
    2015.7.20 解決事例
    【20代/男性】弁護士介入の結果、和解金額が30万円から160万円に増額した事例
  • 相談料・着手金0円 無料交通事故のご相談 0120-480-470 受付:平日10:00-18:30 (夜間相談も対応可) メール相談はこちら

    夜間相談

    日曜相談

    弁護士費用特約の活用方法

    相談票ダウンロード

    CONTENT MENU