休業損害について(1)

休業損害について

 休業損害とは?

A 休業損害(きゅうぎょうそんがい)とは、事故によるケガのため休業したことから、
      ケガの治癒(又は症状固定)までの間に得ることができるはずであった利益(例えば、
  給料など)を得られなかった損害をいいます。
  事故前の収入から休業等による減収分を補償するものです。
  休業に限らず、遅刻、早退、労働力の低下などによる収入減も含まれます。
 

 通院有給休暇を使った場合、休業損害は請求できますか?

A 請求できます。
  有給休暇は本来、労働者が自由に使うことができる時間です。
    これを通院に費やしたこと自体が損害とされるので、休業損害を請求できるのです。
   簡単に言えば、本当は有給休暇をつかって遊ぶことができたはずなのに、通院で遊ぶこと
  が
できなかった、だからその分、休業損害が認められるということです。 

 失業中の場合でも、休業損害は請求できますか?

A 失業中の場合、原則として休業損害を請求することはできません。
   但し、事故がなければ新しい職場で就業できていたであろうと思われるような場合は、
  例外的に認められるときがあります。例えば、すでに就職が内定しており、就業の開始
  する時期が決まっていたような場合です。また、就職活動中など労働意欲があり、治療期
  間に就業できていた可能性が高い場合も認められることがあります。

 

 
  • 初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください

  • 当事務所の最新トピック・解決事例は、下記をご覧ください

    2017.12.30 お知らせ
    2017-2018年 年末年始休業日のご案内
    2017.10.15 解決事例
    【40代/男性】むち打ちで後遺障害14級が認定された事例
    2017.7.25 お知らせ
    2017年夏季休業のお知らせ
    2016.9.11 解決事例
    【30代/女性】交通事故の賠償金として当初提示額の倍額を獲得した事例
    2016.8.20 解決事例
    【30代/男性】交通事故による損害請求について解決した事例
    2016.5.16 解決事例
    【30代/男性】交通事故の和解金65万円弱でスムーズに解決した事例(物損)
    2016.3.20 解決事例
    【30代/男性】12級の後遺障害認定の事例で400万円の事前提示が1100万円まで大幅増額した事例
    2016.1.30 解決事例
    【50代/女性】人損(完治)・物損を合わせて約150万円の損害金を獲得したケース
    2015.12.26 お知らせ
    2015年-2016年 年末年始休業日のご案内
    2015.12.12 解決事例
    【40代/男性】症状固定後2か月のスピード解決で、示談金が約2倍に増額した事例
    2015.11.1 解決事例
    【30代/女性】弁護士の介入により、初回提示より80万円以上増額したケース
    2015.9.21 解決事例
    【40代/男性】むち打ちの後遺症14級9号が認められ、賠償額が大幅に増額した事例
    2015.8.1 お知らせ
    2015年夏季営業のお知らせ。
    2015.7.20 解決事例
    【20代/男性】弁護士介入の結果、和解金額が30万円から160万円に増額した事例
    2015.6.14 解決事例
    【20代/男性】和解金130万円強を獲得した事例
  • 相談料・着手金0円 無料交通事故のご相談 0120-480-470 受付:平日10:00-18:30 (夜間相談も対応可) メール相談はこちら

    夜間相談

    日曜相談

    弁護士費用特約の活用方法

    相談票ダウンロード

    CONTENT MENU

    川口総合法律事務所 OFFICIAL SITE

    川口総合法律事務所 債務整理専門サイト

    川口総合法律事務所 相続サイト