休業損害について(2)

 学生・生徒の場合、休業損害は請求できますか?

A 原則として休業損害は認められません。ただし、アルバイトなどをしている場合には、
 その分の休業損害が認められます。また、事故により就職が遅れた場合には、遅れた分
 の休業損害が認められる場合もあります。

 専業主婦の場合でも、休業損害は請求できますか?

A 請求できます。
   
専業主婦の方は、家事労働分が損害とみなされるため、「休業損害」を請求すること
  ができます。金額は賃金センサスにより算出される女性の平均賃金をもとに計算されま
  す(裁判所基準の場合。)。

 主婦をしながら、週1回のパート勤務をしています。休業損害はどうなりますか。

A ご質問のような兼業主婦の場合には、パートの収入額と女性労働者の平均賃金のいずれ
 か高い方を基準として計算します。

 自営業をしています。休業損害は請求できますか?

 はい。自営業の方も現実の収入の減少があった場合には、休業損害が認められます。
  前年度の確定申告を基準とするのが一般的です。

 自営業をしていますが、休業損害の計算の中で家賃などの固定費はどのようになります
      か。

 家賃や従業員の給料などの固定費は、事業の維持・存続のために必要とされるものは、
  損害として認められます。
  ただし、保険会社は認めたがらないため訴訟で請求する場合も多いといえます

 

 

 
  • 初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください

  • 当事務所の最新トピック・解決事例は、下記をご覧ください

    2018.6.11 解決事例
    【30代/女性】兼業主婦としての休業損害を大幅に増額できた事例
    2017.12.30 お知らせ
    2017-2018年 年末年始休業日のご案内
    2017.10.15 解決事例
    【40代/男性】むち打ちで後遺障害14級が認定された事例
    2017.7.25 お知らせ
    2017年夏季休業のお知らせ
    2016.9.11 解決事例
    【30代/女性】交通事故の賠償金として当初提示額の倍額を獲得した事例
    2016.8.20 解決事例
    【30代/男性】交通事故による損害請求について解決した事例
    2016.5.16 解決事例
    【30代/男性】交通事故の和解金65万円弱でスムーズに解決した事例(物損)
    2016.3.20 解決事例
    【30代/男性】12級の後遺障害認定の事例で400万円の事前提示が1100万円まで大幅増額した事例
    2016.1.30 解決事例
    【50代/女性】人損(完治)・物損を合わせて約150万円の損害金を獲得したケース
    2015.12.26 お知らせ
    2015年-2016年 年末年始休業日のご案内
    2015.12.12 解決事例
    【40代/男性】症状固定後2か月のスピード解決で、示談金が約2倍に増額した事例
    2015.11.1 解決事例
    【30代/女性】弁護士の介入により、初回提示より80万円以上増額したケース
    2015.9.21 解決事例
    【40代/男性】むち打ちの後遺症14級9号が認められ、賠償額が大幅に増額した事例
    2015.8.1 お知らせ
    2015年夏季営業のお知らせ。
    2015.7.20 解決事例
    【20代/男性】弁護士介入の結果、和解金額が30万円から160万円に増額した事例
  • 相談料・着手金0円 無料交通事故のご相談 0120-480-470 受付:平日10:00-18:30 (夜間相談も対応可) メール相談はこちら

    夜間相談

    日曜相談

    弁護士費用特約の活用方法

    相談票ダウンロード

    CONTENT MENU