交通事故問題解決のポイント

IMG_07840001
本稿では、交通事故問題の解決のポイントを整理しています。詳しくは、それぞれの詳細ページをご覧ください。

 

 

 

1.弁護士に相談するタイミング

交通事故の問題を適切に解決する最大のポイントは、できるだけ早く弁護士に相談することです

例えば、後遺障害の認定においては、事故直後に然るべき検査を受けておかなければ、後で事故と後遺障害との関連を証明できないことがあります。その点、事故直後にご相談していただければ、どのような検査を受けておくべきか、というアドバイスなども受けることができます。

詳しくはこちら >>

 

2.後遺障害について

交通事故の損害賠償額は、後遺障害の等級によって大きく変わります。極端な場合には、等級が1つ違うだけで、賠償額が倍以上も違う場合もあります

そのため、事故直後の早い段階から専門家に相談し、適切な認定を受けるための準備をすることが極めて大切です。

詳しくはこちら >>

 

3.賠償金計算のおける3つの基準

交通事故の損害賠償額を決定する基準として①自賠責基準、②任意保険の基準、③裁判基準の3つがあります。この3つの基準のうち、どの基準を用いて損害賠償額を決定するかによって、賠償金額が大幅に異なります。

詳しくはこちら >>

 

4.賠償金計算方法

損害賠償の交渉では、保険会社が示談金を提示してきます。
交通事故の示談交渉は、事故で生じた損害賠償額を話し合いで決めることですが、損害賠償の各項目の計算の部分でも、保険会社は独自の計算方法を使っていることがあります

不明な点があれば、弁護士に示談書を見せて、適切かどうかご相談されることをお勧めします。

詳しくはこちら >>

 

5.過失割合・過失相殺とは?

過失割合とは、加害者、被害者それぞれの過失(落ち度)の程度を示すものですが、交通事故の示談交渉において、過失割合・過失相殺の問題は非常に難しい問題です。

過失割合は、事故状況に応じてある程度類型化されていますが、加害者側に著しい不注意などがあると割合が修正されることもあります。過失割合についても、納得がいかない場合は、専門家である弁護士にご相談ください。

詳しくはこちら >>

 

 

 

 

 

 
  • 初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください

  • 当事務所の最新トピック・解決事例は、下記をご覧ください

    2018.6.11 解決事例
    【30代/女性】兼業主婦としての休業損害を大幅に増額できた事例
    2017.12.30 お知らせ
    2017-2018年 年末年始休業日のご案内
    2017.10.15 解決事例
    【40代/男性】むち打ちで後遺障害14級が認定された事例
    2017.7.25 お知らせ
    2017年夏季休業のお知らせ
    2016.9.11 解決事例
    【30代/女性】交通事故の賠償金として当初提示額の倍額を獲得した事例
    2016.8.20 解決事例
    【30代/男性】交通事故による損害請求について解決した事例
    2016.5.16 解決事例
    【30代/男性】交通事故の和解金65万円弱でスムーズに解決した事例(物損)
    2016.3.20 解決事例
    【30代/男性】12級の後遺障害認定の事例で400万円の事前提示が1100万円まで大幅増額した事例
    2016.1.30 解決事例
    【50代/女性】人損(完治)・物損を合わせて約150万円の損害金を獲得したケース
    2015.12.26 お知らせ
    2015年-2016年 年末年始休業日のご案内
    2015.12.12 解決事例
    【40代/男性】症状固定後2か月のスピード解決で、示談金が約2倍に増額した事例
    2015.11.1 解決事例
    【30代/女性】弁護士の介入により、初回提示より80万円以上増額したケース
    2015.9.21 解決事例
    【40代/男性】むち打ちの後遺症14級9号が認められ、賠償額が大幅に増額した事例
    2015.8.1 お知らせ
    2015年夏季営業のお知らせ。
    2015.7.20 解決事例
    【20代/男性】弁護士介入の結果、和解金額が30万円から160万円に増額した事例
  • 相談料・着手金0円 無料交通事故のご相談 0120-480-470 受付:平日10:00-18:30 (夜間相談も対応可) メール相談はこちら

    夜間相談

    日曜相談

    弁護士費用特約の活用方法

    相談票ダウンロード

    CONTENT MENU