死亡事故の逸失利益

IMG_05980006交通事故被害者の方が、生きていれば得られたであろう将来の収入の推計を、死亡事故の逸失利益と言います。

死亡事故の逸失利益の算出方法は以下の通りになります。

死亡事故の逸失利益の算出方法

逸失利益=
基礎収入(年収)×(1-生活費控除率)×(就労可能年数に対するライプニッツ係数)

(1)基礎収入について

基礎収入の算出は、被害者の職業によって算出方法が異なります。

①有職者(収入を証明できる場合)

原則として交通事故前年の年収を基礎として算出。ただし、30歳未満の場合には、全年齢平均の賃金センサスを用いるのが原則です。税金は控除しないのが原則です。

②収入を証明できない人(求職者、主婦など)

賃金センサスを基準に基礎収入を算出します。家事従事者は、女性労働者の全年齢平均賃金に基づいた額を基礎とします。

③無職者(幼児、18歳未満の学生、高齢者など)

賃金センサスの全年齢平均賃金を用いる場合が多いですが、就労可能性があるのか等も踏まえて判断されます。

 

(2)生活費控除率について

生活費控除とは、被害者の方が生きていた場合に支出していたはずの生活費を、収入から控除するというものです。被害者の方の生活状況や扶養者の数などによって異なります。主な裁判基準は以下のとおりです。

①一家の支柱……被扶養者1人の場合は40%。2人以上の場合は30%

②女性(主婦、独身、幼児等)……30%

③男性(独身、幼児等)……50%

 

(3)就労可能年数について

就労可能年数に対するライプニッツ係数(または新ホフマン係数)は、原則として、67歳までを就労可能年数としています。

67歳を超える方については、厚生労働省の簡易生命表が定める平均余命の2分の1を就労可能年数とします。また、67歳までの年数が平均余命の2分の1より短くなる方については、平均余命の2分の1が就労可能年数になります。

 
  • 初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください

  • 当事務所の最新トピック・解決事例は、下記をご覧ください

    2017.12.30 お知らせ
    2017-2018年 年末年始休業日のご案内
    2017.10.15 解決事例
    【40代/男性】むち打ちで後遺障害14級が認定された事例
    2017.7.25 お知らせ
    2017年夏季休業のお知らせ
    2016.9.11 解決事例
    【30代/女性】交通事故の賠償金として当初提示額の倍額を獲得した事例
    2016.8.20 解決事例
    【30代/男性】交通事故による損害請求について解決した事例
    2016.5.16 解決事例
    【30代/男性】交通事故の和解金65万円弱でスムーズに解決した事例(物損)
    2016.3.20 解決事例
    【30代/男性】12級の後遺障害認定の事例で400万円の事前提示が1100万円まで大幅増額した事例
    2016.1.30 解決事例
    【50代/女性】人損(完治)・物損を合わせて約150万円の損害金を獲得したケース
    2015.12.26 お知らせ
    2015年-2016年 年末年始休業日のご案内
    2015.12.12 解決事例
    【40代/男性】症状固定後2か月のスピード解決で、示談金が約2倍に増額した事例
    2015.11.1 解決事例
    【30代/女性】弁護士の介入により、初回提示より80万円以上増額したケース
    2015.9.21 解決事例
    【40代/男性】むち打ちの後遺症14級9号が認められ、賠償額が大幅に増額した事例
    2015.8.1 お知らせ
    2015年夏季営業のお知らせ。
    2015.7.20 解決事例
    【20代/男性】弁護士介入の結果、和解金額が30万円から160万円に増額した事例
    2015.6.14 解決事例
    【20代/男性】和解金130万円強を獲得した事例
  • 相談料・着手金0円 無料交通事故のご相談 0120-480-470 受付:平日10:00-18:30 (夜間相談も対応可) メール相談はこちら

    夜間相談

    日曜相談

    弁護士費用特約の活用方法

    相談票ダウンロード

    CONTENT MENU

    川口総合法律事務所 OFFICIAL SITE

    川口総合法律事務所 債務整理専門サイト

    川口総合法律事務所 相続サイト