治療費を打ち切られたら

IMG_05680007当事務所にお越しになられる交通事故被害者の方の中には、保険会社から通院の治療費を打ち切られたことをきっかけに、相談に来られる方が多くいらっしゃいます

治療費を打ち切られてしまうと、自費で通院をしなければならなくなってしまいます。

ここで気をつけなければならない点は、保険会社は治療費の内払い(先払い)を停止すると言っているだけで、その後の治療費は損害賠償に含まないと言っているわけではないということです。

つまり、治療費が打ち切られた後に自費で支払った分についても、示談の際に認められることもありますし、裁判所が損害賠償額の範囲内と認めれば、保険会社は支払いに応じてくれます。

被害者の方がこのように冷静に受け止められればよいのですが、場合によっては保険会社の担当者の言い方が適切でないために、感情を害することが頻繁に起こっています。

たとえば、保険会社の担当者が、「症状固定にする」という言い方をすることがありますが、症状固定か否かを判断するのは医師ですから、この言い方は間違っています。

相談に来られる方の中には、治療費の打ち切りを告げられたら、通院を続けてはいけないと考えてしまう方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。何よりもご自身のお身体をいたわることが最重要ですので、治療期間については保険会社の言い方に左右されることなく、医師と相談して決めるべきです。

医師が、「治療が必要だ」と判断し、その判断が客観的に正しければ、症状固定日までは、治療費は支払われるべきです。そのことを示談の際や、訴訟で主張していくことになります。

保険会社から治療費を打ち切られてお困りの方は、一度、当事務所にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 
  • 初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください

  • 当事務所の最新トピック・解決事例は、下記をご覧ください

    2017.12.30 お知らせ
    2017-2018年 年末年始休業日のご案内
    2017.10.15 解決事例
    【40代/男性】むち打ちで後遺障害14級が認定された事例
    2017.7.25 お知らせ
    2017年夏季休業のお知らせ
    2016.9.11 解決事例
    【30代/女性】交通事故の賠償金として当初提示額の倍額を獲得した事例
    2016.8.20 解決事例
    【30代/男性】交通事故による損害請求について解決した事例
    2016.5.16 解決事例
    【30代/男性】交通事故の和解金65万円弱でスムーズに解決した事例(物損)
    2016.3.20 解決事例
    【30代/男性】12級の後遺障害認定の事例で400万円の事前提示が1100万円まで大幅増額した事例
    2016.1.30 解決事例
    【50代/女性】人損(完治)・物損を合わせて約150万円の損害金を獲得したケース
    2015.12.26 お知らせ
    2015年-2016年 年末年始休業日のご案内
    2015.12.12 解決事例
    【40代/男性】症状固定後2か月のスピード解決で、示談金が約2倍に増額した事例
    2015.11.1 解決事例
    【30代/女性】弁護士の介入により、初回提示より80万円以上増額したケース
    2015.9.21 解決事例
    【40代/男性】むち打ちの後遺症14級9号が認められ、賠償額が大幅に増額した事例
    2015.8.1 お知らせ
    2015年夏季営業のお知らせ。
    2015.7.20 解決事例
    【20代/男性】弁護士介入の結果、和解金額が30万円から160万円に増額した事例
    2015.6.14 解決事例
    【20代/男性】和解金130万円強を獲得した事例
  • 相談料・着手金0円 無料交通事故のご相談 0120-480-470 受付:平日10:00-18:30 (夜間相談も対応可) メール相談はこちら

    夜間相談

    日曜相談

    弁護士費用特約の活用方法

    相談票ダウンロード

    CONTENT MENU

    川口総合法律事務所 OFFICIAL SITE

    川口総合法律事務所 債務整理専門サイト

    川口総合法律事務所 相続サイト