耳の後遺障害について

image_nagare2
耳の後遺障害の症状としては、交通事故後に難聴になってしまったり、耳の欠損や耳鳴・耳漏が残ってしまったりするものがあります。

耳の後遺障害の認定基準

聴力障害

1)両耳の聴力に関するもの
等級 認定基準
4級3号 両耳の聴力を全く失ったもの
6級3号 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
6級4号 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が 40cm 以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
7級2号 両耳聴力が 40cm 以上の距離では、普通の話声を解することができない程度になったもの
7級3号 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が 1m 以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
9級8号 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が 1m 以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの
10級5号 両耳の聴力が 1m 以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの
11級5号 両耳の聴力が 1m 以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
2)片耳の聴力に関するもの
等級 認定基準
9級9号 1耳の聴力を全く失ったもの
10級6号 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
11級6号 1耳の聴力が 40cm 以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
14級3号 1耳の聴力が 1m 以上の距離では小声を解することができない程度になったもの

 

欠損障害

等級 認定基準
12級4号 1耳の耳かくの大部分を欠損したもの

 

耳鳴・耳漏

等級 認定基準
12級相当 難聴を伴い、著しい耳鳴りを常時残すことが医学的に評価できるもの
難聴で、常時耳漏を残すもの
14級相当 難聴を伴い、常時耳鳴りのあることが合理的に説明できるもの
難聴で、耳漏を残すもの

 

耳の後遺障害留意点

耳の後遺障害についても、眼と同様に、耳に外傷を負ってしまい後遺障害となってしまう場合もありますが、頭部外傷によって聴覚神経に影響が発生し、耳の機能に障害を負ってしまう場合もあります

そのため、耳の後遺障害においては、耳鼻科で診察を受けること以外にも、神経内科や脳神経外科での診察を受けることも重要になります。

 
  • 初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください

  • 当事務所の最新トピック・解決事例は、下記をご覧ください

    2018.6.11 解決事例
    【30代/女性】兼業主婦としての休業損害を大幅に増額できた事例
    2017.12.30 お知らせ
    2017-2018年 年末年始休業日のご案内
    2017.10.15 解決事例
    【40代/男性】むち打ちで後遺障害14級が認定された事例
    2017.7.25 お知らせ
    2017年夏季休業のお知らせ
    2016.9.11 解決事例
    【30代/女性】交通事故の賠償金として当初提示額の倍額を獲得した事例
    2016.8.20 解決事例
    【30代/男性】交通事故による損害請求について解決した事例
    2016.5.16 解決事例
    【30代/男性】交通事故の和解金65万円弱でスムーズに解決した事例(物損)
    2016.3.20 解決事例
    【30代/男性】12級の後遺障害認定の事例で400万円の事前提示が1100万円まで大幅増額した事例
    2016.1.30 解決事例
    【50代/女性】人損(完治)・物損を合わせて約150万円の損害金を獲得したケース
    2015.12.26 お知らせ
    2015年-2016年 年末年始休業日のご案内
    2015.12.12 解決事例
    【40代/男性】症状固定後2か月のスピード解決で、示談金が約2倍に増額した事例
    2015.11.1 解決事例
    【30代/女性】弁護士の介入により、初回提示より80万円以上増額したケース
    2015.9.21 解決事例
    【40代/男性】むち打ちの後遺症14級9号が認められ、賠償額が大幅に増額した事例
    2015.8.1 お知らせ
    2015年夏季営業のお知らせ。
    2015.7.20 解決事例
    【20代/男性】弁護士介入の結果、和解金額が30万円から160万円に増額した事例
  • 相談料・着手金0円 無料交通事故のご相談 0120-480-470 受付:平日10:00-18:30 (夜間相談も対応可) メール相談はこちら

    夜間相談

    日曜相談

    弁護士費用特約の活用方法

    相談票ダウンロード

    CONTENT MENU