弁護士に依頼していただくことで賠償金が大幅に増額するケースが大半です    適正な賠償金獲得のため信頼できる弁護士にご相談ください

当事務所が交通事故被害者から選ばれる6つの理由

  • 1.豊富な相談実績
  • 2.後遺障害の認定サポート
  • 3.事故直後からの対応
  • 4.医師との連携
  • 5.被害者側専門
  • 6.相談料0円 着手金0円
  • 保険会社との示談交渉に悩まされている
  • 保険会社の示談額が適正か知りたい
  • 治療費を突然打ち切られてしまった
  • 後遺障害の等級認定が妥当か知りたい

知っていますか?賠償金の違い

保険会社は裁判所の基準ではなく、保険会社独自の基準で賠償金を算出し、提案をしています。弁護士は本来受け取るべき裁判所の基準まで賠償金を上げることができるため、このように大きく異なった結果となります。
詳しくはこちら

当事務所の最新トピック・解決事例は、下記をご覧ください

2018.6.11 解決事例
【30代/女性】兼業主婦としての休業損害を大幅に増額できた事例
2017.12.30 お知らせ
2017-2018年 年末年始休業日のご案内
2017.10.15 解決事例
【40代/男性】むち打ちで後遺障害14級が認定された事例
2017.7.25 お知らせ
2017年夏季休業のお知らせ
2016.9.11 解決事例
【30代/女性】交通事故の賠償金として当初提示額の倍額を獲得した事例
2016.8.20 解決事例
【30代/男性】交通事故による損害請求について解決した事例
2016.5.16 解決事例
【30代/男性】交通事故の和解金65万円弱でスムーズに解決した事例(物損)
2016.3.20 解決事例
【30代/男性】12級の後遺障害認定の事例で400万円の事前提示が1100万円まで大幅増額した事例
2016.1.30 解決事例
【50代/女性】人損(完治)・物損を合わせて約150万円の損害金を獲得したケース
2015.12.26 お知らせ
2015年-2016年 年末年始休業日のご案内
2015.12.12 解決事例
【40代/男性】症状固定後2か月のスピード解決で、示談金が約2倍に増額した事例
2015.11.1 解決事例
【30代/女性】弁護士の介入により、初回提示より80万円以上増額したケース
2015.9.21 解決事例
【40代/男性】むち打ちの後遺症14級9号が認められ、賠償額が大幅に増額した事例
2015.8.1 お知らせ
2015年夏季営業のお知らせ。
2015.7.20 解決事例
【20代/男性】弁護士介入の結果、和解金額が30万円から160万円に増額した事例

当事務所の交通事故問題への思い

弁護士 片山 直紀  弁護士 山崎 玄

交通事故の被害者を救いたい!

そんな思いから当事務所はスタートしました。
 交通事故にあうと、入院や通院をしたり、仕事ができなくなるなど、生活に重大な影響が生じます
 だからこそ交通事故の問題は、適正かつ迅速に解決されるべきと考えています。
 交通事故の問題には、医学知識など高度の専門性が必要です。そこで、当事務所では、交通事故を重点分野と定め、最新の裁判例や保険会社との交渉経過を常に研究しています。
 また、医療機関や鑑定機関などと連携し、被害者の方を十分サポートできる体制作りに励んでいます。

   交通事故にあわれた場合、とにかく大事なことは、できるだけ早く弁護士に相談することです。
   なぜなら、保険会社は支払う保険金の額をできるだけ少なくしようとするから
です。そのため、保険会社が支払うと言ってくる金額は、弁護士に頼んだ場合や裁判をした場合と比べて、とても低いことがほとんどです。なかには保険金を一切払わないといってくる保険会社すらあります。弁護士が入らない場合、保険会社の担当者は、被害者がわからないことをいいことに、本来払うべき保険金よりずっと低い金額しか支払わないことがほとんどなのです
 
 当事務所では電話での無料相談もおこなっておりますので、お気軽にお電話ください。もちろん、無料相談だけで依頼しなくても大丈夫です(無料相談のみご利用のお客様も多くいらっしゃいます)
 弁護士費用についてもご安心ください
 お客様のはいっている保険に弁護士費用特約がついていれば、弁護士費用のご負担はありませんほとんどの場合、すべて保険会社が払ってくれます)。また、弁護士費用特約がない場合でも、当事務所では着手金がかかりません着手金0円)。しかも、弁護士費用については、相手方保険会社から支払われた賠償金からいただきますのでほとんどの場合、お客様が手出しの費用を負担することなくご依頼いただけますまずは、お電話で無料相談をご利用ください

 私たちは、一件一件の事件を大切にして、質の高いサービスを提供できるように努めています。
 お困りのことがございましたら、是非お気軽にお声がけいただければと思います。

弁護士 片山 直紀

部位別の後遺障害

部位別の後遺障害

  • 頭部
  • 首
  • 顔(目・耳・鼻・口)
  • 脊髄、脊柱
  • 肩
  • 手、肘、腕
  • 手指
  • 腰
  • 骨盤、股関節、大股
  • 膝
  • 下腿、足
  • 醜状障害
  • その他
  • 音声・言語機能障害など
  • 頚椎捻挫(むちうち)など
  • 目の痛みなど
  • 脊髄骨折、せき柱骨折など
  • 肩関節機能障害など
  • 尺骨の変形、嶢骨骨折など
  • 手指
  • 腰椎椎間板ヘルニアなど
  • 骨盤骨変形など
  • 半月板損傷など
  • 粉骨骨折など
  • 醜状障害
  • その他

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください

  • 交通事故問題解決のポイント
  • 賠償金計算における3つの基準
  • 後遺障害の等級認定
  • 当事務所の解決実績

弁護士紹介

  • 片山 直紀 Katayama Naoki

川口総合法律事務所の方針

川口総合事務所は、埼玉県川口市を中心にしてさいたま市、戸田市、蕨市などの埼玉県全域、北区や板橋区などの東京北部の多くの皆様にご利用いただいています。
当事務所はJR(京浜東北線)川口駅3分の駅近の場所にあり、皆様にご利用しやすい環境を整えています。当事務所の弁護士は全員が埼玉弁護士会に所属し、地元密着の法律事務所ですのでご安心いただけます。

埼玉県川口市では年間2200件(平成25年統計)もの交通事故(人身事故)が発生しています。
川口市は人口が多いため、交通事故も埼玉県内では特に多い市となっています。
埼玉・川口の弁護士は、地元の埼玉県や川口市を中心とする周辺地域の交通事情に詳しく、情報収集の点などで有利な立場で交渉や裁判を進めることができます。また、当事務所は死亡事故や後遺症の認定などでも多数の実績を持っていますので、これらの事故でお悩みの方は是非ご相談いただけばと思います。
当事務所では丁寧な説明をモットーとし、敷居の低い雰囲気の事務所作りを心がけておりますのでお気軽にお越し下さい。 

相談料・着手金0円 無料交通事故のご相談 0120-480-470 受付:平日10:00-18:30 (夜間相談も対応可) メール相談はこちら

弁護士費用特約の活用方法

相談票ダウンロード

CONTENT MENU