弁護士に相談するタイミング

交通事故の場合、できるだけ早く弁護士にご相談することをお勧めします。
弁護士に相談するタイミングは、大きく以下の3つタイミングがあります。

(1)交通事故後、治療中または交通事故直後の段階

(2)治療が終わり、症状が固定あるいは完治した段階

(3)後遺症の等級が決定し、保険会社から示談の提示があっ  
   た段階

IMG_05980006
突然交通事故にあわれた場合、治療や勤務先への対応などで、大変な思いをされていると思います。
 そのため、ついつい弁護士に相談するのは遅くなりがちです。
 ただ、当事務所は、これまでの経験上、事故直後
きるだけ早い段階で「ご相談」をしていただくことをお勧めしています。

それは、事故直後のできるだけ早いタイミングでご相談いただかなければ、後からでは取り返しがつかないケースも少なくないためです。

例えば、後遺障害の認定においては、事故直後に然るべき検査を受けておかなければ、後で残った後遺障害との関連を証明できないことがあります。その点、事故直後にご相談いただければ、どのような検査を受けておくべきか、という適切なアドバイスもさせて頂けます。

また、後遺障害の等級認定は1つ等級が違うだけでも、賠償金額は大幅に異なります。

しかし、現在の制度では、一旦、等級が決定されたり非該当の決定がされてしまったりすると、後から異議申し立てを行って、一度なされた決定を覆すことはかなり難しいのです。

その点、事故直後の早い段階から相談いただければ、最初の後遺障害認定申請の段階で、然るべき検査を受けることや、認定に必要な診断書や資料についても、アドバイスさせて頂けます。

当事務所では、交通事故後の早い段階からのご相談積極的に受けておりますので、交通事故で怪我をされた場合、できるだけ早くご相談いただければと思います。

 

 

 
  • 初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください

  • 当事務所の最新トピック・解決事例は、下記をご覧ください

  • 相談料・着手金0円 無料交通事故のご相談 0120-480-470 受付:平日10:00-18:30 (夜間相談も対応可) メール相談はこちら

    弁護士費用特約の活用方法

    相談票ダウンロード

    CONTENT MENU